【ダイエット】毎日体重計に乗るのは逆効果かも

トレーニング

ダイエットをしている方の中で、毎日体重計に乗っている方はいらっしゃいますか?

昨日より、体重が減っていたら嬉しいですよね。

しかし、もし逆に体重が増えていたなんてことないですか?

そして、あんなにがんばったのにどうしてと落胆していませんか?

もしかしたら、それがダイエット失敗の原因の一つになっている可能性があります。

今回はこんな、ダイエットと体重計のお話です。

体重なんてすぐに変わる

ダイエットは何を目的に行うものか、それは除脂肪です。

体から脂肪をそぎおとしていく作業です。

しかし、この脂肪そう簡単には落ちません

1日に100g落ちたらいい方ではないでしょうか?脂肪100gをカロリーに換算すると720kcalです。これを運動で落とすのは大変です。

また、急激に体重を落とそうとすると、一緒に筋肉も落ちてしまいます。

筋肉が落ちてしまうと、ダイエットの目的からズレてしまいます。

つまり、ダイエットは少しずつゆっくりと行っていくものです。

だから、毎日体重計に乗っていても、ちゃんと脂肪が落ちているのか気づきにくいのです。

もし、ペットボトル1本分の水を飲んでしまえば、体重が500g増えることになります。

この500gの増加をみて、これまでの苦労が無駄だったと勘違いしてはいけません。

頭ではわかっていても、体重計の値は心に影響を与える

1日単位で体重の変化を見ても、その日の体調で上下にぶれます。

昨日より下がっていれば喜び、上がっていれば悲しみます。

それは、1日の体重の変化が誤差だと思っていてもです。

数字がパッと目に入ると、少なからず心に影響を与えてしまいます。

だから、頻繁に体重計に乗ることには注意が必要なのです。

体重計に頻繁に乗らないほうが良い理由
  • 脂肪は1日だけでは対して減らない
  • ペットボトルの水を1本飲んだだけでもその分体重は増える
  • 体重の値が増えているのを見ると、モチベーションが下がる

1週間ぐらいの頻度で確認してみる

ダイエットをする上で、体重の変動を確認することは大切です。これは変わりません。

でも、体重が減っていなくてモチベーションが下がった。そして、やけ食いをしてしまった。

そんな方は、1週間毎に体重を確認するのはどうでしょうか?

やけ食いをするリスクを回避した上で、体重の変化を管理できます。

もし1週間で体重が増えていても、それは誤差ではなく、改善すべきことがあると考えられないでしょうか?

それでも毎日体重計に乗る

そんなわたしは毎日体重計に乗っています。

それは、この体重計を使用しているからです。

タニタ 体組成計 スマホ 日本製 レッド RD-906 RD 医療分野の技術搭載/スマホでデータ管理 インナースキャンデュアル
タニタ 体組成計 スマホ 日本製 レッド RD-906 RD 医療分野の技術搭載/スマホでデータ管理 インナースキャンデュアルが体重・体脂肪・体組成計ストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

これは、体重や体脂肪率などの値をスマホで管理できる機能があります。

なので、体重計を乗っているときに体重を確認する必要はありません。

自分が確認したいときにスマホと連動させることでデータを確認できます

ダイエットは継続が大事

ダイエットで一番大事なのは継続です。

継続できなくなるようなリスクは潰していくことが大切です。

毎日体重を測り、食べたものをすべて記録しなければいけないと決めつける必要なないです。

毎日体重を確認して一喜一憂しない。ダイエットがうまくいかない方は、ダイエットを継続させる1つのアイディアとして取り入れてみてはいかがでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました