【家トレ】これからはじめる人必見!これを揃えればOK

トレーニング

テレワークが広がり運動不足になってしまったなんて人が多くいらっしゃると思います。そこで、家の中で運動したいと思ったけど、腕立て伏せとか腹筋とかしても続かないなんてことも。そんな悩みを抱えている方たちにおすすめしたいトレーニングの環境づくりをご紹介します。

購入するものは次の2つです。

可変式ダンベル

Amazon | MRG 可変式ダンベル 26kg ブロックダンベル 可変式 ダンベル (2~26kg) [1年保証] | MRG(エムアールジー) | ダンベル・アレー
MRG 可変式ダンベル 26kg ブロックダンベル 可変式 ダンベル (2~26kg) がダンベル・アレーストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

ベンチ

Amazon | [リーディングエッジ] フォールディング フラットベンチ 折りたたみ ダンベル用ベンチ トレーニング器具 LE-FFB2 | リーディングエッジ | トレーニングベンチ
フォールディング フラットベンチ 折りたたみ ダンベル用ベンチ トレーニング器具 LE-FFB2がトレーニングベンチストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

この2つでOKです。可変式ダンベルとは重量を変更できるダンベルです。様々なタイプの可変式ダンベルがありますが、重りを付け替えるスクリュー型ではなくワンタッチで変えられるものを選ぶようにしましょう。

ダンベルだけでも、トレーニングすることはできますが、ベンチ1つあるだけでトレーニングのバリエーションが一気に増えます。こういったベンチは折りたたみもできるので、収納してしまえば幅もあまり取りません。

なぜ、ダンベルを使うのか

ダンベルを使うような、いわゆるウェイトトレーニングをなぜおすすめするのか。腕立て伏せのような自重トレーニングでは駄目なのか?と思われる方もいらっしゃると思います。

私もかつては自重トレーニングだけの時期があったのですが、つらくて続きませんでした。それに、自重トレーニングは時間が結構かかります。

可変式ダンベルを購入してからは変わりました。1セット10回のトレーニングを3セットで1種目が終わります。後は、2〜3種目すればその日のトレーニングは終わりです。

そういった理由からダンベルを使ったウェイトトレーニングをおすすめしています。

トレーニングのやり方

わたしが最初にダンベルを購入し、トレーニングをしようとしたとき、何をすればよいかわかりませんでした。よくテレビでみた力こぶ鍛えるアームカールしか知りません。

その時助けになったのが、YOUTUBEです。今は、様々な方がトレーニングについて解説しています。皆様も動画を見ながらトレーニングしてみましょう。

最初から完璧にやろうと思わないでください。見よう見まねで楽しむことが大切です。

ジムでは駄目なのか

ジムでトレーニングすることには大賛成ですし、わたし自身もジムに通っています。ただ、ジムに行くのが億劫と思ってしまうような日に、気軽にトレーニングができる環境が家にあることが重要です。

トレーニングは継続が一番大切ですから、家トレとジムの両方をミックスさせて行きましょう。

こんなメリットも

筋トレのメリットってなんだと思いますか?体が引き締まる、代謝が上がり痩せやすくなるなどいろいろあると思います。

わたしが実際に筋トレをして気づいたメリットがひとつあります。

それは、食欲が抑えられるということです。

この効果がすごく大きいです。少し小腹が空いたというときに筋トレをするといつの間にか食欲が抑えられているのです!

プールなどの有酸素運動のあとはとてもお腹が空くのに、筋トレのような無酸素運動の後は逆に食欲がなくなるのは不思議です。

可変式ダンベルとベンチを買おう

以上、なぜダンベルを買うべきなのかの理由を語ってきましたが、家でトレーニングをする環境を整えたいという方は、まず、可変式ダンベルとベンチを揃えましょう。

ハマってきたら、他の器具に手を出していきましょう。

健康維持は重要です。しかし、短期間で痩せようとして健康を害してしまうのは本末転倒です。長期的な健康維持には筋トレが効果的だと思いますので、ぜひトライしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました