【感想】金持ち父さん貧乏父さん【お金持ちになる方法がわかります】

今回はわたしが読んで衝撃を受けた「金持ち父さん貧乏父さん」を紹介します。

こんな人におすすめ

  • お金持ちになりたい人
  • 楽しくビジネス書を読みたい人
  • 働いても働いてもお金が貯まらない人

金持ち父さん貧乏父さんとは

この本はロバート・キヨサキ氏が執筆した本で、大大ベストセラー作です。様々な方がおすすめしていたため、わたしも手にとってみました。この本で人生が変わった、自分で会社を立ち上げたのもこの本を読んだからという方が多数いらっしゃいます。

改訂版 金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学 (単行本) | ロバート キヨサキ, 白根 美保子 |本 | 通販 | Amazon
Amazonでロバート キヨサキ, 白根 美保子の改訂版 金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学 (単行本)。アマゾンならポイント還元本が多数。ロバート キヨサキ, 白根 美保子作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また改訂版 金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれる...

この本を読んで得られたこと

まず、お金持ちがお金持ちである理由がわかります。お金にまつわる知識が圧倒的に違います。学校ではお金に関する授業はないので、自分で勉強しなければ得られないので当たり前であるのですが。。。

お金にまつわる知識をこの本では、ファイナンシャル・インテリジェンスと読んでいます。貧乏人のお金の流れ、金持ちのお金の流れ、を図で表現しているのですが、すごくわかりやすいです。このキャッシュフローを理解することが、ファイナンシャル・インテリジェンスを得る第一歩な気がします。

支出、負債ではなく、資産を増やしていく。そして、何が資産で、何が負債なのかを見極めることが重要であることがこの本を読みとわかります。ボーナスで新しいかばんを買おうか迷っていたわたしの気持ちが自然と落ち着いていくのを感じました。

心に響いた言葉

『いやだ』という気持ちが成功の鍵を握っている

改訂版 金持ち父さん貧乏父さん 著 ロバートキヨサキ 訳 白根美保子 P.197

筆者は本の中で、不動産で資産を増やした経験について語っています。これを読んで、わたしは修繕や管理とか大変そうだな、不動産は面倒そうだなと思いながら読みすすめていました。

そんなときに、目に飛び込んだのが上のセリフです。読者が感じていてそうなことを先回りして、核心をついてきます。

実際に不動産をするか否かの問題ではないです。楽な方、楽な方へと進んできたこれまでの人生を見つめ直すきっかけになります。

苦労は積極的にかっていき、チャンスを掴み取ることが重要ですね。行動しなければ何も始まらないことをこの本を読んで改めて感じました。

中途半端にこの本を読むと危険??

わたしはこの本を読んでいて、「この本に感化されて仕事をやめ、ファイナンシャル・インテリジェンスを高めずに闇雲にチャレンジして失敗するような人が出てきそうだな」と思いました。

この本では、ファイナンシャル・インテリジェンスを高めることが大切であると書かれています。

本の中でも何度も筆者が言っているのは、安定がほしいのであればそれでいいということです。

貧乏父さんのことを主人公(筆者)はずっと愛していますし、否定していません。

しかし、本の中の金持ち父さんの生き方に魅力を感じ、不労所得だけで生きていく、人生ゲームからいち早くアガることを目指したくなる気持ちもすごくわかります。

わたしは、軽い気持ちで行動しお金を失わないためにも、この本を読み返しファイナンシャル・インテリジェンスを高めるとはどういうことかを忘れないようにしていこうと思います。

ただ、筆者はお金持ちになることを妨げているのは失敗することを恐れていることだといっています。軽い気持ちで行動することはNGですが、過度に萎縮してしまうのもだめということで、金持ちになるのはむずかしいですね。

この本を読んで(所感)

ビジネス書でここまで読みやすく、ワクワクして、先をもっと読みたいと思ったことは今までありませんでした。

理由としては

  • 筆者の幼少期をストーリー調で描いている(実話かフィクションかは知らないです。)
  • 冒頭のセリフが金持ち父さんのセリフか、貧乏父さんのセリフかわからない仕掛けが施されている
  • シンプルな図一つで難しい損益計算書や貸借対照表を説明している

といったところでしょうか。

また、借金をして買ったマイホームを負債と捉える価値観には驚かされました。そして、それに納得してしまうところがあります。

わたしは、金持ち父さんを目指すべきなのか、貧乏父さんを目指すべきなのか、答えはすでに決まっているようで、決断できていないのがお金持ちになれない原因な気がしています。

あと、筆者がお金だけに執着しているのではなく、家族と過ごす時間をとても大切にしていることがとても印象的で、「お金のために働かない。お金が私達のためにはたらくのだ。」という文中の言葉を体現しているように感じました。

以上、この本に興味を持たれた方はぜひ読んでみてください。

タイトルとURLをコピーしました