【読書感想】アウトプット大全を読んだわたしのアクションプラン

今回は「アウトプット大全」という書籍についてご紹介します。

この本を読もうと思ったきっかけは以下のとおりです。

  • アウトプットは大事だと思っていたが、しっかり考えたことがなかった
  • より効果のあるアウトプット方法をしりたかった

同じような悩みを持つ方にはこの「アウトプット大全」はおすすめです。

学びを結果に変えるアウトプット大全 | 樺沢紫苑 | ビジネス・経済 | Kindleストア | Amazon
Amazonで樺沢紫苑の学びを結果に変えるアウトプット大全。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。

ここでは簡単に「アウトプット大全」の紹介と、わたしがなるほどと思ったこと、そして、この本を読んだわたしのアクションプランを説明していきます。

「アウトプット大全」の全体像

著者について

この本の著者、樺沢 紫苑氏はアウトプットの鬼だと思います。

本の中でもその凄さが紹介されています。

メルマガ、毎日発行 13年
Facebook、毎日更新 8年
YouTube、毎日更新 5年
毎日3時間以上の執筆 11年
年2〜3年の出版 10年連続
新作セミナー 毎日2回以上 9年連続

「アウトプット大全」より引用

ものすごいアウトプットと継続です。

ただ、読者がこのアウトプット量を同じようにこなさないと行けないのかというとそうではありません。

この量をアウトプットしようとする前に、脳が拒絶反応を示し、何も行動できなくなってしまいます。

なので、この本で紹介されているアウトプットの1つでも実行していくことが大切です。

この本でのアウトプットとは

この本では80個のアウトプット方法が紹介されています。

そこには

  • 本や映画を見た後の行動
  • アイディアを出す方法
  • プレゼンテーションのやり方
  • 感情を表に出すことの大切さ

などの多岐にわたるアウトプットがあります。

わかりやすく、サクサク読めて、信頼性あり

だいだいが見開き1ページに1つのアウトプット方法が解説されています。

そして、内容が一発でわかるような絵がたくさん差し込まれているので、わかりやすく、サクサクと読めます。

さらに特徴的なのが、様々な研究論文を根拠にしており信頼性が上がります。

医者としての経歴を持つ著者ならではの医学的なアプローチもあり、説得力があるなと感じました。

この本の読み方

わたしのおすすめなこの本の読み方ですが、80個あるアウトプット方法の中から、今すぐ活かせそうだと思うことを3つほどあげてみましょう

そして、行動に移すのです。

80個もあるアウトプット方法をいきなりすべて実行できないのでまずは3つから。

そして、定期的にこの本を見直し、次に使えそうなアウトプット方法を実生活に取り込んでいくようにすれば、この本を最大限活用できます。

この本で学んだこと

アウトプットの重要性

この本を読んだことで、「アウトプットのない読書はただの娯楽だ」と考えるようになりました。

頭に知識を入れただけでは、実世界には何も影響は与えないし、すぐに忘れてしまいます。

しかし、アウトプットすることで、知識が体に染み込んでいきます。それは、自転車の乗り方を体が覚えるように。

わたし自身、学校のテスト期間中は、ただテキストを読むだけより、問題集を解いていたときのほうが成績が良かったという経験があります。

まさに、どれだけアウトプットしているかが重要であるかということです。

今は、様々な資格試験を受けていますが、なによりもアウトプットが重要であることを意識して学習してこうと思います。

また、アウトプット後は、誰かにフィードバックをもらうと改善できて、更に成長できます。自分がアウトプットしたものを他者にレビューしてもらってみましょう。

準備が大事

世の中にはアウトプットが得意な人っていると思いませんか?

そういう人たちは、誰よりも準備をしているとのことです。

例えば、自己紹介は人生で何度もするものだから、内容を事前に考えておくとか。

本の中では、30秒と60秒の2つのパターンを用意することが紹介されていました。

この本とは関係ないのですが、同じ趣旨のことを非常にわかりやすく説明されていた動画があるのでご紹介します。

この動画では、よくある質問にはあらかじめ回答を用意しておくことの重要性を説いています。

一流と三流を瞬時に見分ける「たった一つの質問」

何もせずに、アウトプットがうまくなるわけではないということですね。1つ1つアウトプットして成長しましょう。

情報整理のテクニック

この本を読むと人間の脳っていうのは都合良くできていないように感じます。

そのため、いろいろなテクニックを駆使して自分の脳とうまく付き合う必要があります。

そんな脳の苦手なことと、対策としてのテクニックをご紹介します。

マルチタスクはやめよう

人間はマルチタスクが苦手です。人間のワーキングメモリ(脳の作業領域)は最大でも3つのことしか同時にできないそうです。

だから、やるべきことをToDoリストとしてアウトプットして、頭から追い出しましょうということです。

メモを取ろう

なにかフッとアイディアが浮かんだけど、すぐ忘れてしまったという経験はないですか?

あれしなきゃと思っていたけど、忘れてしまったことはないですか?

なんと、人間というのは気づきや思いついたことを30秒たつと忘れてしまうそうです。

そのため、手元にメモを用意してすぐに書き留められるようにしておきましょうということです。

アイディアを書き出そう

本の構成やプレゼン、企画を考える際に、アイディア出しをすると思います。

そのとき、都合よく脳からアイディアが出てくるわけではありません。

本の中では、情報カードを使ったアイディアの捻出法を紹介しています。

Amazon | コレクト 情報カード B6 京大式 C-602 | グリーティングカード | 文房具・オフィス用品
オンライン通販のAmazon公式サイトなら、コレクト 情報カード B6 京大式 C-602を文房具・オフィス用品ストアで、いつでもお安く。当日お急ぎ便対象商品は、 当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

まず、30枚の情報カードにアイディアを書き出していきます。

次に先程書いた1枚を取り出し、連想されることを書いていきます。

そして、カードが100枚まで書くとアイディアを出し切った感があるそうです。

わたしはこの方法を知り、すぐに情報カードを購入してしまいました。

脳というのはアナログだと活性化するそうです。だから、情報カードにペンでアイディアを書くことが重要だということです。

逆に、アイディアをまとめて整理する際はデジタルのほうが効率が良いです。

目標を公言する

今年の目標をたてても実行できないという経験はありませんか?

そんなときは、その目標を他人に伝えることです。

SNSで発信するのもよいでしょう。そうすると目標が達成される可能性が上がります。

これは、心理学でパブリック・コミットメントと呼ばれ、追い込まれた状況が作り出され、実現可能性が高まる効果があります。

アクションプラン

大切なことは本を読んだ後に行動することです。

わたしが「アウトプット大全」を読んだあとのアクションプランは以下のとおりです。

  • 30秒、60秒用の自己紹介を作成する
  • 情報カードを使ったアイディア出しを実践する
  • 目標を友達に伝える

みなさんも本を読んだらアクションプランを書き出して行動に移していきましょう。

まとめ

コロンビア大学の心理学者アーサー・ゲイツ博士の実験によると、インプットとアウトプットの黄金比は3:7だそうです。

つい、たくさん本を読んで満足しそうになりますが、アウトプットのほうがより重要だということです。

1ヶ月の2冊の本を読んで終わりにするより、1冊減らして、その分アウトプットの時間にするほうが成長できるのです。

みなさんもアウトプットを増やして成長していきましょう。

タイトルとURLをコピーしました