ジムと家トレ、やるならどっちがいいのか【両方でもOK】

トレーニング

ダイエットやボディメイクのために筋トレする際、ジムに通うのが良いのか、家でトレーニングするのが良いのか悩まれている方に向けてお答えしていきます。

わたしはジムと家トレ両方やっています。結果的に効率が一番良く継続できたというのが理由です。

そもそも、家の近くにジムがない方は必然的に家トレに限られます。仕事帰りの途中にジムがある方は、ジムのほうが習慣化できるかもしれません。

ただ、ジムと家トレそれぞれのメリットがあるため、そこを踏まえて考えるとどちらも採用するのもありだと思います。

ジムと家トレ、それぞれのメリット・デメリット

ジムのメリット・デメリット

まずはジムのメリットから紹介します。

ジムのメリット
  • 色々なマシンを使える
  • ダンベルの種類が豊富
  • インストラクターがいる
  • トレーニングしている人と仲良く慣れるかも

といったところでしょうか。トレーニングウェアさえあればすぐにトレーニングできる環境が整っているのが良いですね。

ジムのデメリット
  • 月謝を払う必要がある
  • 他の人がいるため自由にトレーニングできない
  • 移動するのが面倒

毎月お金が出ていくのが辛いところです。また、ジムでのトレーニングが継続できない原因として、移動に時間がかかることがあると思います。

一人でマシンを占領しては行けないので、そういったところに神経を使うのもデメリットに感じるかもいらっしゃると思います。

外出する準備→ジムへ移動→着替え→トレーニング→シャワー→着替え→移動→帰宅

結構トレーニングするためにやることが多いですね。トレーニングしたいけど時間が足りないということで諦めることもあるかもしれません。

家トレのメリット・デメリット

では、家トレはどうでしょうか?

家トレのメリット
  • 月謝がいらない
  • 自分のペースでトレーニングできる
  • 隙間時間でできる

ジムのデメリット
  • 初期費用がかかる(器具の購入)
  • トレーニングの種目が限られる
  • 器具が場所をとる
  • 初心者はトレーニング方法がわからない

ジムのメリット・デメリットを逆さにした感じです。

初期費用はかかるものの、一度器具を揃えれば以降は支出を抑えられるのが嬉しいところです。

また、ちょっと時間が空いたときにすぐトレーニングできるのが最大のメリットです。

そのかわり、ジムのようにマシンを使ったトレーニングができないのがデメリットです。

初心者の方がダンベルを使ってトレーニングする場合はこの動画がおすすめです。わたし自身、1つもトレーニング方法を知らない状況でこの動画をみて救われました。

ダンベルとベンチを使って自宅で全身を鍛える筋トレメニュー【10種目】
ベンチ無し!ダンベルのみで上半身全部鍛える15種目【家トレ】

わたしはハイブリッドです

わたしの場合はジムと家トレを両方取り入れたハイブリッドを採用しています。それぞれのメリットを活かしてトレーニングを習慣化できました。

平日は家トレ

仕事がある日はジムに行く時間が取れないため、家トレをしています。

基本的には胸、肩、腕、腹筋をローテーションしています。

土日はジム

休日はジムに行きます。土曜日は脚トレ、日曜日は背中のトレーニングです。そして、筋トレ終わりにプールで1時間泳いでいます。

わたしのジムは土日のみの場合、月謝が安くなるので節約になってます。

わたしは家トレでは脚や背中のトレーニングがやりにくいと感じました。これがジムと家トレで鍛える部位を変えている理由です。

自分がトレーニングを習慣化させ、効率よく時間を使えるにはどうすればよいかを考えた結果、このハイブリッドに落ち着きました。

トレーニングは継続が命

たとえ、家トレの器具を揃えても、ジムの会員になっても、継続しなければ何も意味がありません。

そのためにも、習慣化させていきましょう。

モチベーションで継続させようとしても難しいかもしれません。トレーニング以外のことでテンションが下がっていることだってあるはずです。

そんなとき、この日のこの時間はトレーニングする時間と決めていれば、どのような気分のときでもトレーニングをするはずです。

だから、ジムと家トレそれぞれのメリットを踏まえ、習慣化させるにはどうすればよいかを考えてほしいと思います。

タイトルとURLをコピーしました