資格勉強には意味があります【スキルアップの環境づくり】

生活

世の中には様々な資格があるけど、頑張って勉強しても意味があるのかなという不安を持っている方に、資格取得のための勉強には意味があるということをお伝えしたいと思います。

今回は資格取得を目標とした勉強のメリット・デメリットを作成しました。

資格勉強のメリット・デメリット

メリット

  • 知識を得て成長できる
  • 自身のスキルをアピールできる
  • 勉強のモチベーションになる
  • 合格すると達成感が得られる
  • 報奨金がもらえることもある

デメリット

  • 参考書や受験料にお金がかかる
  • 勉強に時間がかかる
  • 資格取得が目的となり、何も身についていない可能性がある

このメリット・デメリット表を資格勉強をするかの判断材料にしてください。

実体験

私は、日本人以外の方とも仕事がしたい。英語のサイトを翻訳なしに読めるようになりたいという思いから英語の勉強を決意しました。

その時一番最初にしたことはTOEICの受験申し込みです。勉強しないとお金がもったいないという環境を作ることで、勉強するモチベーションにつながっています。

ためにならない資格勉強

資格をとっても仕事に活かせないという反論もあるかと思います。しかし、それは、資格取得が目的となり勉強してしまったからではないでしょうか?

勉強する一番の目的は自分がスキルアップすることです。ただ、勉強して暗記するのではなくアウトプットする工夫をして知識を身に着けていきましょう。

ということで、資格取得に向けた勉強には意味があるというお話でした。

【参考】私が取得した資格

参考までに、システムエンジニアである私が実際に取得してよかったと思ったものを紹介します。今の仕事に関係がある資格であれば、直に学んだことを活かせますね。

  • IPA 情報処理技術者試験
    • 基本情報技術者試験
    • 応用情報技術者試験
    • 情報処理安全確保支援士
  • AWS検定
    • クラウドプラクティショナー
タイトルとURLをコピーしました