【AI・ディープラーニング】G検定に合格するまでにした対策を紹介

テクノロジー

2020年7月4日に行われたG検定に合格しました

これは、ディープラーニングに関する知識を有しているかを問う検定です。

わたしがG検定に合格するまでに行った勉強や、これから受けようと思っている方へのアドバイスをお話していきたいと思います。

また、G検定を受けようか迷っている方のために、メリット・デメリット表を作成したので、活用してください。

こんな方におすすめ
  • AIや機械学習、ディープラーニングに興味がある
  • G検定をこれから受けようか迷っている
  • G検定を受ける予定で、学習方法がわからない

この記事はわたしが実際に合格した経験からお話することです。試験の傾向が変化する可能性もありますので、ご注意ください。

G検定とは

日本ディープラーニング協会(JDLA)が主催する、”ディープラーニングの基礎知識を有し、適切な活用方針を決定して、事業活用する能力や知識を有しているかを検定する。”試験です。

G検定とは
ディープラーニングの基礎知識を有し、適切な活用方針を決定して、事業活用する能力や知識を有しているかを検定する。
試験概要
  • 試験時間:120分
  • 選択式
  • 220問程度
  • オンライン実施

試験概要からも分かるとおり、家のパソコンから受験できます。

そのため、答えをGoogleで検索して探すことができます。(公式に認めている行為かは未確認)

G検定は受けるべきか?メリット・デメリット表で確認

G検定を受けるか迷っている方に向けてメリット・デメリット表を作成しました。

メリット
  • 期限が決められるので勉強に身が入る
  • AIに関する知識が増える
  • 検定に合格すると嬉しい

一番のメリットは、目標ができて勉強に身が入ることだと思います

逆に、そんな目標なくても勉強するよという方は、G検定を受ける必要はないかもしれません。

デメリット
  • 受験料がかかる
  • 検定のための学習になってしまう
  • 試験問題の解答はないため、復習できない

これらのデメリットは、G検定に限らず資格試験全般に言えるものだと思います。

目的は自分の知識を増やして理解することなのに、検定に合格することが目的になってしまうこともあります。

オンライン試験特有のことですが、問題や解答が試験後に手に入らないため、復習できません。

120分も試験を受けたのに、答え合わせができないとほとんど学びが無くなってしまいます

G検定の試験料は今のところ1万円ほどするので、メリット・デメリットをよく考えて受けるか決めてほしいです。

わたしは、わかりやすい目標があると勉強に身が入る方なので、受けてよかったです。

合格通知をメールで頂いたときは、やっぱり嬉しかったです。

G検定に合格するまでにやったこと

わたしがG検定受験に向けて行ったことをご紹介します。参考になれば幸いです。

これをやれば必ず合格できると保証するものではないのでご注意を。

やったこと
  • 公式テキストを3周
  • 公式問題集を2周
  • 用語集を作成して定期的に確認
  • 無料の模試を受験

3周、2周とありますが、それぞれ限られた時間があると思うので各自調整していただければと思います。ただ、1周だけだと、頭になかなか定着しないと思います。

公式テキストを3周

公式テキストとはこれのことです。

深層学習教科書 ディープラーニング G検定(ジェネラリスト) 公式テキスト | 浅川 伸一, 江間 有沙, 工藤 郁子, 巣籠 悠輔, 瀬谷 啓介, 松井 孝之, 松尾 豊, 一般社団法人日本ディープラーニング協会 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで浅川 伸一, 江間 有沙, 工藤 郁子, 巣籠 悠輔, 瀬谷 啓介, 松井 孝之, 松尾 豊, 一般社団法人日本ディープラーニング協会の深層学習教科書 ディープラーニング G検定(ジェネラリスト) 公式テキスト。アマゾンならポイント還元本が多数。浅川 伸一, 江間 有沙, 工藤 郁子, 巣籠 悠輔, 瀬谷...

Kindle版のほうが、本番で検索できるのでおすすめかもしれません。

1周目

まずは、全体に目を通します。

すべてをいきなり理解しようと思わないことです。

わからなかったところや重要に思ったところに印をつけておくと2周目以降楽になります。

2周目

1周目で理解できなかったところを中心に読んでいきます

こうすることで、1周目より短い時間で読み終えられます。

わたしはこのタイミングで用語集を作成しました。

繰り返して出てくる用語や各手法について、簡単にまとめてEvernoteにまとめました。

3周目

人間は一度覚えたことも時間がたつと忘れてしまうものです。

なので、試験直前にもう一度、公式テキストを読み直します。

忘れていることはないかのチェックなので、2周目よりももっと早く読み終わるでしょう。

公式問題集を2周

公式テキストを2周した後に、公式問題集を解き始めました。

徹底攻略 ディープラーニングG検定 ジェネラリスト問題集 | スキルアップAI株式会社 明松 真司, スキルアップAI株式会社 田原 眞一, 杉山 将 |本 | 通販 | Amazon
AmazonでスキルアップAI株式会社 明松 真司, スキルアップAI株式会社 田原 眞一, 杉山 将の徹底攻略 ディープラーニングG検定 ジェネラリスト問題集。アマゾンならポイント還元本が多数。スキルアップAI株式会社 明松 真司, スキルアップAI株式会社 田原 眞一, 杉山 将作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届...

間違えた問題やわからなかった問題にチェックを付けていきます。

わかっている問題を繰り返してやるより、間違えた問題を繰り返したほうが効率が良いですよね。

2周目は、そのチェックが付いた問題だけ解いていきます。

1周目ではできたけど、今忘れているかもと不安に思うかもしれないです。

どうしても不安だという方は、全て解き直しても良いかもしれませんが、あまり時間を取るのも効率的ではないので、取捨選択していくのがコツです。

用語集を作成して定期的に確認

この用語集は試験時にも役に立ちます。なので、ノートにまとめるより、PCやスマホのメモ帳に記録するのがおすすめ

わたしは、Evernoteに記録していました。

作成した用語集は、スキマ時間を使って、繰り返し目に通してました。これをすることで、知識を脳に定着させていきます。

無料の模試を受験

わたしは、無料の模試を試験直前に受けました。模試はこちらから受けられます。

G検定 Web模試 JDLA Deep Learning for GENERAL 練習テスト
JDLA G検定 Web模試サイトは、一般社団法人日本ディープラーニング協会が主催するJDLA試験のうち「G検定」の最短一発合格を目指す方に向けての対策Web模試サイトです。毎日更新される練習テストと、225問を2時間で本番受験さながらのWeb模試アプリケーションで合否判定を行うことができる模擬試験を過去問に近い形で提...

公式問題集と傾向が大きく異なっていたため、とてもびっくりしました。

もっと余裕をもって受けておけばよかったと反省しています。

G検定の学習で抑えておくと良いこと

勉強する上でここを抑えておくと良いというところを簡単にご紹介します。

AIの歴史を把握する

どのような、経緯でAIが発展していったのかを把握することが重要です。

第1次AIブーム、第2次AIブーム、第3次AIブームと公式テキストには書かれていますので、それぞれの時代でどのようなブームがあり、どのような課題があったのかを理解しましょう

専門用語の定義や関係性を把握する

勉強しているとさまざまな専門用語が出てきます。

1つ1つの意味は書籍を読めばふむふむとわかると思うのですが、その用語同士の関係性や差異は何なのかと問われると答えられないということがよくあります。

例えば、Aiと機械学習、ディープラーニングそれぞれの関係性はなにか説明できますか?

教師あり学習、教師なし学習、強化学習の違いは?

この手法は上記3つの手法のどれに当てはまるのか?

などなどをぱっと答えられるようになると良いでしょう。

各手法の特徴を把握する

ディープラーニングには、CNNやRNNといった手法、そしてこれらから派生した手法がたくさんあります。

各種方の特徴を把握してどのような関係にあるかを把握しておきましょう。

公式テキストを読んでいて、CNNやRNNの詳細な処理まで理解できなかったため、飛ばして読んでいました。もっと、勉強しておけばよかったと反省しています。

人物とその人がしたことを把握する

誰がどのような手法を開発したのか、どのような発言をしたのかをまとめておきましょう。

試験のコツ

実際に、G検定でごうかくするために注意すべきことをまとめました。

  • 勉強時に作成したまとめノートはすぐ検索できるように、デジタルの形式にしておきましょう
  • 法律関係の問題が結構多い印象です。Google検索しないとわからない問題も多いが焦らない
  • 試験時に検索できるからと言っても勉強は必須。基礎的な知識がないと、設問の意味がわかりません

G検定を受けた感想

AIに関する知識を得ることができたのはとても良かったです。

しかし、公式テキストで学んだことは直接試験に出ることはあまりなかった印象です。

結局、どれだけ早くGoogle検索できるかの勝負になってしまったような。

なので、この資格をとった事自体に意味を見出すことはあまりできていません。

しかし、その過程で学んだことはとても有意義なものだったと言えます。

今後やること

専門用語を覚えることばかりだったので、実際にディープラーニングやりたいと思いました。

まずはこの書籍を使って、コードを書いて動かしています。

ゼロから作るDeep Learning ―Pythonで学ぶディープラーニングの理論と実装 | 斎藤 康毅 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで斎藤 康毅のゼロから作るDeep Learning ―Pythonで学ぶディープラーニングの理論と実装。アマゾンならポイント還元本が多数。斎藤 康毅作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またゼロから作るDeep Learning ―Pythonで学ぶディープラーニングの理論と実装もアマゾン配送商品...

そのあとは、Kaggleというデータ分析のコンペのプラットフォームに参加してみたいと思います。

Kaggleで勝つデータ分析の技術 | 門脇 大輔, 阪田 隆司, 保坂 桂佑, 平松 雄司 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで門脇 大輔, 阪田 隆司, 保坂 桂佑, 平松 雄司のKaggleで勝つデータ分析の技術。アマゾンならポイント還元本が多数。門脇 大輔, 阪田 隆司, 保坂 桂佑, 平松 雄司作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またKaggleで勝つデータ分析の技術もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

まとめ

G検定を受験予定のかたはぜひ合格目指して頑張ってください。

そして、まだ迷っているかたは、メリット・デメリット表を参考にしていただければと思います。

タイトルとURLをコピーしました